前へ
次へ

勉強しない子供を持つ親が子供と接するとき

勉強しない子供を持つ親は、子供が勉強をしたがらないことやテストの点数が悪いことを悩みの種としている傾向があります。
確かに、勉強ができないよりできた方がよいかもしれません。
ですが、たいていの場合その原因は親にあるといえるでしょう。
子供が小さいうちは、子供の社会は非常に狭くほぼ過程の中が社会になります。
この中で子供が見習うべきは、親の生活習慣です。
子供は、親が気にしていないかも知れない部分までよく見ていますので親のくせなどをよくつかんでいることがあります。
例えば、勉強に関して言うならば子供が勉強しないのは親が勉強しなくてもよい環境を作っているからです。
では、子供に勉強しなさいといえば勉強する環境になるのかといえばそのようなことはありません。
基本的に子供はどのようなものに対しても興味を持っています。
実は、勉強が嫌いだった子供も昔は勉強に興味を持っていました。
ですが、親が勉強でしかったことで興味を遠ざかってしまったわけです。
最終的には、親が勉強に対して否定的な態度を取らないことが重要になるでしょう。

Page Top