前へ
次へ

教育において影響力を持つ人はどんな人

一番先に学校で頭に思い浮かべるのは、お世話になった先生の顔でしょう。
一年生になってすぐに付き合いが始まり、ほぼ毎日顔を合わせるわけなので覚えて当然です。
子供の頃に受けた教育は大人になっても朧ながら記憶しているもので、その時に勉強したことが確実に身になっていることが分かります。
教育において影響力を持つ人は身近にいる大人であり、先生に限った話ではありません。
むしろ親や親戚など、いつも顔を見る人たちから子供は影響を受け、いろいろなことを学んでいます。
それは言葉遣いであったり、行動の基準となる知識であったり様々です。
その中で先生が持つ影響力はかなり大きく、勉強を教えるだけあって子供たちの記憶に残りやすいでしょう。
教育方針は先生ごとに違うのでインパクトの強さも異なりますが、先生に何か悪さをして怒られた人のほうが、先生も記憶に残りやすいですし、とりわけ目をかけてかわいがってくれる分思い出になると聞いています。

Page Top