前へ
次へ

習い事をとする場合の注意点は何か

教育の一環として、小学生になると習い事をさせる家庭が多くなります。
小学生の低学年のうちからいくつか習い事をしている子供も少なくありません。
もし子供は、スイミングを習いたいと言うならばスイミングを習わせるのがよいかもしれません。
ですが、親の英語で習い事をさせてもうまくいかないことの方が多いです。
例えば、父親が子供に野球選手になってもらいたい場合は野球を習わせることもありますが、たいていの場合クラブチームだけで終ってしまいます。
高校野球で甲子園に行くようなこともあるかもしれませんが職業として野球ができる人はほぼほんの一握りになります。
このため、よほど才能がない限りは難しいでしょう。
だからといって、子供のころから夢をあきらめる必要はありません。
親に言われたから行くのはよくありません。
親としても親の押し付けで子供に習い事をさせるべきではないでしょう。
それよりも、子供がやりたいといったものをやらせてあげることが必要です。
親は、それを見守るだけで親のエゴなどを突きつけてはいけないでしょう。
本当の教育とは、子供をサポートする役割を果たすことです。

Page Top