前へ
次へ

教える側のマンパワーを感じる教育

進学塾や名前の知られた予備校では、スパルタに近い授業が行われ、毎年のように有名校に合格する学生が出ています。
どんな教育をすれば合格率が上がるかはわかりませんが、ここで行われた授業が確実に学生の力になり、実績を残した点は間違いありません。
払った学費に見合う結果を残せる学校は、ある意味力があるとみて良いでしょう。
これは学生自身の実力もありますが、優秀な講師をはじめとする教える側のマンパワーが大きいです。
意欲を持って教えてやらないと、若い人はなかなかついてきてくれません。
実際にどんな授業が行われているかを見れば、実力がついていく理由がわかります。
講師は熱血か理論派かに分かれますが、学生は講師の言うことをきちんと理解し、授業時間を無駄にしないよう精いっぱいついていくわけです。
今はさまざまな勉強の仕方がありますが、教育の根幹は熱意にある点は昔から変化していません。
特定の難関校を目指す学生にとって、実力のある講師の教えはとてもありがたいでしょう。

Page Top