前へ
次へ

親も教育に興味を持つことが大事になる

成績が悪い生徒の親と成績が良い生徒の親は紙一重な部分がありますが、そういってもやはり成績の良い子供を持つ親は何かと勉強させる可能性が高いです。
なぜ勉強熱心の子供の方が伸びるかといえば、子供には親に認められたいという欲があるからです。
人間はだれしも承認欲求と呼ばれるものを持っています。
承認欲求とは人に認められたいと欲求で子供がよく母親にテストの結果を見せて喜ばせるそして認めてもらうというのがまさしくこれにあたります。
母親が勉強に興味を持っていれば子供も積極的に母親に診てもらいたいと思い勉強を頑張るでしょう。
そして、勉強を頑張った結果よい点数が取れた場合母親にほめてもらえるわけです。
そのほめられることがとても快感でひたすら勉強を続けがになるでしょう。
ところが、勉強に無関心な親の場合には子供を褒めることすらしないことが多いです。
この場合子供は親に認められたいと思い勉強を頑張りますが叱られるだけの場合には勉強から離れていくでしょう。

Page Top